※当ブログはプロモーションを含んでおります。ご了承ください。

元祖にんにくやの閉店理由を考察!なぜ店舗が減ってしまったのか?

全国展開しているイタリア家庭料理店『元祖にんにくや』。

大きなハニートーストが有名ですが、2024年1月現在は3店舗しかありません

この情報を知り、

  • 「元祖にんにくや、なんでここまで店舗が減ってしまったの?」
  • 「元祖にんにくやが閉店した理由って何?」

といった疑問を持つ人は多いはず。

当サイトが調査した結果を簡単にまとめると、次の通りです。

 

簡単なまとめ

■閉店理由の詳細は不明

■考えられる閉店理由

  • 今のご時世の影響
  • 競合店との競争で売上が伸びなかった
  • ショッピングモールのテナント契約で問題が発生した

詳しい内容については、以下で紹介しています▼

 

元祖にんにくやの閉店理由を考察

閉店

元祖にんにくやの公式HPを見ても、各店舗の閉店について詳細は記載されていません。

そのため、詳しい閉店理由については不明です。

 

ただ、メディアの情報等から、

  • 今のご時世の影響
  • 競合店との競争で売上が伸びなかった
  • テナント契約の問題

などの可能性があります。

順番に説明していきます。

 

今のご時世の影響

今のご時世による影響で閉店に追い込まれた可能性はあります。

 

2020年~2022年の間は、

  • 緊急事態宣言
  • 自粛期間

などにより、多くのお店が休業を迫られることになりました。

そしてその結果、そのまま閉店する店舗が多く出ています。

 

また、2023年以降でも、

  • 今のご時世関連の支援策が打ち切られた(給付金など)
  • ゼロゼロ融資の返済開始が2023年7月からピークを迎えた

などの理由から、飲食店が倒産しているといいます。

参考ページ:飲食店ドットコム

 

ですから、今のご時世による影響で、閉店になった可能性は十分考えられます。

 

競合店との競争で売上が伸びなかった

競合店との販売競争で売上を伸ばすことができなかった可能性もあります。

 

『元祖にんにくや』があった場所を調べてみると、

 

  • イオンモールりんくう泉南店
  • イオンモール新潟南店

 

など、イオンモール等のショッピングモールで多く展開していました

集客力としては最高の立地だといえます。

 

ただ、イオンモールに出店している飲食店の数はめちゃくちゃ多いです。

そして、通常は一つのエリアに集められるため、必然的にお客さんの取り合いになります。

 

なので、

  • 他の飲食店よりも美味しいものを提供できるか
  • 価格は安いのか、高いのか

など、差別化できないとショッピングモールのテナントに入れても、売上を伸ばせるとは限りません。

 

ですから、競合店との競争で売上を伸ばせず、撤退した可能性もあります。

 

テナント契約の問題

イオンモールなどのショッピングモールに出店している場合。

テナント契約上の問題から、閉店せざるを得なかったということも考えられます。

 

例えば、

  • 売上が少なく、テナント契約の継続ができなかった
  • テナント料が高くなり、契約更新が難しくなった

など。

 

例え、2,3年以上運営していたとしても、時間が経つにつれて環境は変わるものです。(今のご時世とか)

 

なので、色々な環境変化で、契約更新が難しくなった。

その結果、閉店する決断をした…という可能性もあります。

 

元祖にんにくやの閉店理由に関するまとめ

今回は、元祖にんにくやが閉店した理由について考察し、まとめてみました。

以下、今回の簡単なまとめになります。

今回のまとめ

■考えられる閉店理由

  • 今のご時世の影響で『売上減少』、『支援策が打ち切られた』などが起きた
  • 競合店との販売競争で売上が伸びなかった
  • ショッピングモールのテナント契約で問題が発生し、契約更新できなかった