※当ブログはプロモーションを含んでおります。ご了承ください。

コールドストーンの閉店理由を考察!なぜ閉店ラッシュで店舗が減ったのか?

アイスクリームチェーン店『コールド・ストーン・クリーマリー』。

全国に店舗を展開していましたが、近年では閉店ラッシュが続き、店舗が激減しています。

この閉店ラッシュを知り、

  • 「コールドストーン店舗が閉店してる理由って何?」
  • 「今のご時世の影響で閉店ラッシュになっているの?」

といった疑問を持つ人は多いはず。

当サイトが調査した結果を簡単にまとめると、次の通りです。

 

簡単なまとめ

■閉店理由の詳細は不明

■考えられる閉店に至った理由・要因

  • 今のご時世の影響で売上が減少した
  • 値段の高さから客足が徐々に減っていた
  • 歌&ノリで客足が遠ざかっていた
  • 単純に飽きられた

詳しい内容については、以下で紹介しています▼

 

コールドストーンが閉店に至った理由・要因

閉店

コールドストーンは、閉店理由について言及していません。

なので、詳しい閉店理由については分かりません

 

ただ、閉店ラッシュになっている理由・要因として、

  1. 今のご時世の影響でお客さんが減った
  2. 値段が高い
  3. 歌やノリが受け付けられない
  4. 飽きられた

この4つが考えられます。

順番に詳細を説明していきます。

 

①今のご時世の影響でお客さんが減った説

1つ目は、今のご時世になって一気にお客さんが減少し、それに伴って売上が減少。

結果、閉店に追い込まれた店舗が多く出たと考えられます。

 

そう考えた理由としては、閉店した店舗数

 

これまでに閉店した店舗は、全部で41店舗(2012年~2022年)

その中で、今のご時世(2020~2022年)で閉店した店舗数は13店舗

 

たった2年で閉店した全店舗の約3分の1を占めていたのです。

参考元:『Wikipedia』コールド・ストーン・クリーマリー

 

この情報から、今のご時世の影響が響き、閉店に至った可能性は非常に高いです。

 

②値段が高いため説

2つ目は、値段が高いことが影響した説。

 

SNS上を見てみると、

 

  • 「コールドストーンは値段が高い」
  • 「サーティワンの方が身近なイメージがある」

 

といった内容のコメントが多数あります。

 

 

一応、

値段が高くてもコールドストーンは好き!

というポジティブなコメントも複数あります。

 

ただ、同じアイスクリームチェーン店の『サーティワン』の方が安いことを考えると、値段の高さから客足が遠ざかった可能性はあります。

 

③歌やノリが受け付けられない

コールドストーン特有の歌&ノリがきつかったという可能性もあります。

 

アメリカ発祥のお店ということもあり、

店員が歌を歌いながらお客の目の前でアイスを混ぜ合わせる

という特有のパフォーマンスがあります。

 

しかし、日本ではほとんど見られないその光景に対し、

 

  • 歌わないでほしい
  • あのノリが苦手
  • 普通に売って欲しい

 

など、きついと感じる人がSNS上に多数いました。

 

 

 

一応、お客さん側の要望から歌をキャンセルこともできます。

ただ、

いちいち歌をキャンセルするのも面倒

という声もあるため、歌やノリが好きという人より、いらないと感じる人が多かったのかもしれません。

 

④飽きられた説

4つ目は、お客さんから飽きられてしまったという可能性。

 

コールドストーンはアメリカ発祥のアイスクリーム店。

そのため、最初は興味をそそられて多くのお客さんが来店し、賑う結果になりました。

 

しかし、先述したように、

  • サーティワンより値段が高い
  • 歌&ノリが日本人に合わなかった

などを理由に興味がなくなってしまい、リピーターのお客さんが減少。

 

その結果、閉店に至った店舗が多くなった可能性はあります。

 

実際、ちょっと前に流行っていたタピオカ。

一時期は爆発的なブームによりタピオカ店が乱立していましたが、その後は大量閉店。

今では、少数のタピオカ店があるだけにとどまっています。

 

この熱しやすく冷めやすい日本人の性格から、コールドストーンも飽きられてしまったということはありえます。

 

コールドストーンの閉店理由考察まとめ

今回は、アイスクリームチェーン店『コールド・ストーン・クリーマリー』の各店舗が閉店した理由について考察してみました。

以下、今回の簡単なまとめになります。

 

コールドストーンの閉店理由
  • 2020~2022年の閉店店舗数が多いことから、今のご時世の影響
  • サーティワンとの比較もあり、値段の高さから客足が遠のいた
  • 歌&ノリなどのパフォーマンスが日本人に合わなかった
  • 単純に飽きられてしまった

元々はアメリカで生まれたアイスクリーム屋『コールドストーン』。

各店舗の閉店時期から、今のご時世の影響で閉店ラッシュに至っている可能性が高いです。

ただ、SNS上の投稿内容から、値段・雰囲気といった他の要因も影響していたかもしれません。