※当ブログはプロモーションを含んでおります。ご了承ください。

湯快爽快くりひらの閉店理由を考察!なぜ閉業に至ったのか調査!

神奈川県川崎市にある温泉施設『野天湯元 湯快爽快くりひら』。

多くのお客さんから人気がありましたが、2023年4月7日に閉店しています

この情報を知り、

  • 「湯快爽快くりひらって、なぜ閉店してしまったの?」
  • 「何が原因で閉店してしまったのか、理由が知りたい」

といった疑問を持つ人は多いはず。

当サイトが調査した結果を簡単にまとめると、次の通りです。

 

簡単なまとめ

■閉店理由に関する詳細は不明

■考えられる閉店理由

  • 今のご時世の影響で客足が減り、赤字経営が続いたため
  • エネルギーコストの高騰により赤字が続いた

詳しい内容については、以下で紹介しています▼

 

湯快爽快くりひらの閉店理由

閉店

まず、湯快爽快くりひら側からは閉店理由に関して言及していません。

施設内の説明でも、

 

「諸般の事情により、誠に勝手ながら2023年4月7日(金)をもちまして閉店する運びとなりました。」

 

とだけしか書いてないことがX(旧ツイッター)上の投稿から分かりました。

 

なので、湯快爽快くりひらが閉店した理由は詳細不明です。

 

ただ、メディアの情報などから、

  • 今のご時世の影響
  • エネルギーコストの高騰

この2つが閉店に関係している可能性があります。

順番に説明していきます。

 

閉店理由候補①:今のご時世の影響

まず、今のご時世の影響が考えられます。

 

2020年から始まった今のご時世。

この影響によって多くの人が外出を控えたことで、経済に大打撃。

お客さんが一気に減ったことで、閉店するお店・施設が一気に増えました。

 

実際、温泉施設の閉店について調べてみると、

 

  • 今のご時世で客足が鈍り、経営が悪化した
  • 今のご時世の影響による客足の減少などが追い打ちをかけた

 

といった内容が多くあり、今のご時世の影響で多くの温泉施設が閉店に追い込まれていることが分かります。

 

 

なので、この影響により、湯快爽快くりひらは最低でも赤字経営の状態だったのではないか?と推測します。

 

また、閉店したのは、2023年4月7日

そして、外出する人が増えだすきっかけになった『規制緩和』が実行されたのは、2023年5月頃です。

 

つまり、多くのお客さんで賑わうであろう1ヶ月前に閉店してしまっているのです。

 

これらの情報から、今のご時世の影響が長期間続いたことで、限界に達してしまったのではないかと考えられます。

 

閉店理由候補②:エネルギーコストの高騰

2つ目の理由として、

  • ガス
  • 電気

といったエネルギーコストの高騰が関係していることも考えられます。

 

エネルギーコストの高騰により、企業だけでなく、一般家庭への負担も大きく、苦しい状況に陥っている人は多いでしょう。

ただ、温泉施設となると、その負担は桁違いなんです。

 

ダイヤモンド・オンラインの記事によれば、

少しの値上げがされるだけで、1施設当たり月100万~300万の負担が増加する

というのです。

 

温浴業界におけるエネルギーコストの負担は桁違い。重油、電気、ガスを使ってお湯を沸かしたり、サウナを温めたりしますが、少しの値上げで1施設当たり月100万~300万円も負担が増えます

出典元:ダイヤモンド・オンライン

 

つまり、ガスや電気代の値上げが続けば続くほど、私達が思っている以上に温泉施設などに大打撃となっているのです。

 

ですから、エネルギーコストの高騰が原因で、湯快爽快くりひらが閉店してしまった可能性はあります。

湯快爽快くりひらの閉店理由に関するまとめ

今回は、神奈川県にあった『野天湯元 湯快爽快くりひら』が閉店した理由について考察してみました。

以下、今回の簡単なまとめになります。

今回のまとめ

■考えられる閉店理由

  • 2020年から始まった今のご時世の影響で客足が激減し、赤字経営が続いたため
  • エネルギーコスト(ガス、電気)が高騰し、月々の経営コストが一気に増えて、経営が難しくなったため