※当ブログはプロモーションを含んでおります。ご了承ください。

キングムーの閉店理由を考察!なぜ閉業することになったのか?

札幌のテーマパーク型ダンスクラブ『KING∞XMHU(キングムー)』。

奇抜なデザインの建物が人気を集めていましたが、2023年5月に閉店しています

この情報を知り、

  • 「キングムーはなぜ閉店しちゃったの?」
  • 「何が原因で理由に至ったのか知りたい」

といった疑問を持つ人は多いはず。

当サイトが調査した結果を簡単にまとめると、次の通りです。

 

簡単なまとめ

■閉店理由の詳細は不明

■考えられる閉店理由

  • 赤字経営だったため、閉店になった
  • 建物の老朽化が原因で閉店になった

詳しい内容については、以下で紹介しています▼

 

キングムーの閉店理由

閉店

まず、閉店理由については、キングムー運営側などから詳細は語られていません。

『北海道リアルエコノミー』の記事でも、

「閉店理由はお話しできない」

と書かれているため、詳細は不明です。

 

再オープンから7年で延べ100万人が来店したが、今回、閉店することになった。運営していたケイエムプロジェクトは、「閉店理由はお話しできない」としている。

出典元:北海道リアルエコノミー

 

ただ、様々な情報を集めた結果、以下の2つの可能性があると考えます。

 

考えられる閉店理由
  • 赤字経営だった
  • 老朽化が原因だった

順番に説明していきます。

 

閉店理由候補①:赤字経営だった

実は赤字経営だったため、閉店に至ったという可能性が一つ目。

 

多くのお客さんが来ていたし、それは有り得ないんじゃないの?

こう考える人もいると思います。

 

ただ、調べてみた所、

  • 男性→入場無料(別途1Drink代)
  • 女性→完全入場無料+終日!飲み放題

といったキャンペーンを何度もやっていたことが分かりました。

 

実際、とある個人ブログでも、

  • キングムーでお酒を何杯も無料でいただいていた
  • どこで利益を得ているのかと不思議だった

という感想がありました。

 

個人的には入場料や飲み代を、無料にしすぎたのでは?!とも思ってしまいます。

女性が来たら男性も来るだろうは、あっていると思いますが無料でお酒を何杯かいただいた私はどこで利益を得ているのかと不思議でした。

出典元:札幌クリップ

 

女性限定だとしても、お酒飲み放題で提供し続けるのは、かなり利益が下がる気がします。

なので、本当の所は赤字経営で結構苦しかったのでは?と考えます。

 

ただ、本当に赤字だったら、黒字にするために経営努力するのが当たり前。

そう考えると、実は赤字経営だったから閉店した説は、ちょっと違うのかなとも思っています。

 

閉店理由候補②:老朽化

次に、建物が老朽化したから閉店に至った可能性もあります。

 

『UHB 北海道文化放送』の記事によれば、

 

  • キングムーの建物は30年以上経過しており、老朽化が著しい
  • 土地建物を買収した日本エスコンは建物を残すのを断念した

 

ということが記載されておりました。

 

関係者によりますと、30年以上たった建物は老朽化が著しく、日本エスコンは残すのを断念。

裏手のラブホテルと合わせ、17日から解体工事を始めます。

出典元:UHB 北海道文化放送

 

つまり現時点で、何も改修しないまま建物を残せる状態ではなかったのです。

 

じゃあ改修すればよくない?

と思う人は多いでしょうが、費用がかなりかかります

 

また、リフォーム費用だけではなく、場合によっては地震対策として『耐震措置』も行う必要ができてきます。

それらを全て合わせると、かなりの額の費用が必要に。

 

ただ、それらの費用を全て払えるわけではなかった。

そのため、じゃあ閉店に…といった経緯もありえます。

 

実際、東京・上野にあった『ABAB上野店』は、『建物の老朽化&耐震措置』を理由に閉店を決めています

 

平素より「ABAB上野店」をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

この度、当店舗は、「建物の老朽化対応並びに耐震措置」等のため、2024年(令和6年)6月30日をもちまして営業を終了し、閉店させていただくことになりました。

出典元:アブアブ赤札堂公式サイト

 

ですから、建物の老朽化が原因で閉店に至ったケースも普通に考えられます。

 

キングムーの閉店理由に関するまとめ

今回は、札幌のテーマパーク型ダンスクラブ『キングムー』が閉店した理由について考察してみました。

以下、今回の簡単なまとめになります。

今回のまとめ

■考えられる閉店理由

  • 女性完全入場無料、終日飲み放題を行っていたことから、赤字経営になっていた
  • メディア報道で老朽化の話が出ていたことから、リフォーム・耐震措置の費用が払えなかった